プロフィール

YULY

Author:YULY
シナトラを歌う沖縄んちゅーの父と薩摩おごじょの母をもつ

1993年 鹿児島から上京
1995年 東京から岡山へ移住
1998年 岡山 piano barにてJAZZにであう
2000年 音楽好きの集まる団体“HOT HEARTS PROJECT”(観客動員数約500名、2002年に倉敷市文化連盟所属団体となる。現代音楽では初!)の運営にたずさわる。多ジャンルのミュージシャンと交流を深める

2005年 帰郷 某音楽事務所とのご縁より音楽に傾倒

♪以後フリーでジャンルを問わず音楽活動を行う♪

2006年★Neil Stalnaker(ニール・ストルネイカー)氏のツアーブッキングマネジャーをはじめ、自身も鹿児島の大御所達とLIVE!
2007年★Neil(Tp)氏と共演
2008年★井島正雄(B)トリオと共演!
★山内薫(B)末原康志(G)氏と共演!
2009年★荒武裕一郎トリオと共演!
★川越健二氏(Ds)と共演!
2010年★田口悌治(G)氏と共演!
以降も鹿児島を拠点に、九州や東京で活動。
様々なミュージシャンと演奏させていただいています。

某企業のPRビデオ出演・エンディング曲提供

主な活動場所 Jazz Club“LILETH”(リレット)
 “明日の地図”etc,,,

♪旅行中L.A.のホテルでひょんなことから歌わせてくれたあのpianisitに再び会うことができたらというのも夢のひとつ^^


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


ニール ストルネイカーとの出会いは音楽事務所の全国ツアー。

彼との出会いでツアーを作っていくことを学び
ライブハウス/お客さま/日本に在住の素晴らしいミュージシャンを知り
いろんな視点からライブについて考えるようになった。

自営業の家系に生まれ育ってきていることもあるが、
いま思えばここでの仕事で自立心が開花されたことで、
非常に扱いにくい女性となったのかもしれないと、
運命に感謝すべきかどうかと引っ掛ってる点ではあるがf^^;


愛すべき九州の最南端にもライブ箇所として遠いからと、収益にならないからと
スルーされずにいろんなミュージシャンがきて、よい音楽を聴ける環境。
そしてもちろん地元の演奏家と交流をもって欲しい

それが日本の音楽シーンを盛り上げていくひとつになるだろう
と頭の片隅にいれながらライブを創ったり聴いたりしている。


音楽を学んだ人達が、就職がない道だからと
大人になるにつれ音楽にふれるのから遠ざかっていくのを寂しく思い
どうにかならないかと思っていた倉敷時代もクロスして

いまここにいる私。

壮絶な人生を歩んで来たニール。
東日本の震災の時も、岩手にいたらしい(苦笑)
http://neilstalnaker.com/


...なんて言われるか、楽しみだ(汗笑)
スポンサーサイト

コメント

今週ですね

土曜日ですね、ライブはv-266
どんな雰意気になるか、楽しみです。

「自立心の開花」、良いじゃないですか、問題無いのでは?
「扱いにくい女性」、ちなみに扱いやすい女性っていますか?お目にかかってみたいものです。
私の過去の事件簿にラーメン事件がありまして昼にラーメン食べる、食べないで揉めた事がありました。私は暑いから食わん、相手は食うで口論となりまして時はお昼の1時ごろ、場所は天文館の献血センターの前で事件が勃発しました。当然人だかりが出来ました。
こんな女性が扱いにくい女性ですよね。

YULYさんも同様の事されましたか?そこまでしたら扱いにくい女性の烙印を押されてもしょうがないですけど(笑)

話戻りますが、いいライブを期待してますね^-^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |