プロフィール

YULY

Author:YULY
シナトラを歌う沖縄んちゅーの父と薩摩おごじょの母をもつ

1993年 鹿児島から上京
1995年 東京から岡山へ移住
1998年 岡山 piano barにてJAZZにであう
2000年 音楽好きの集まる団体“HOT HEARTS PROJECT”(観客動員数約500名、2002年に倉敷市文化連盟所属団体となる。現代音楽では初!)の運営にたずさわる。多ジャンルのミュージシャンと交流を深める

2005年 帰郷 某音楽事務所とのご縁より音楽に傾倒

♪以後フリーでジャンルを問わず音楽活動を行う♪

2006年★Neil Stalnaker(ニール・ストルネイカー)氏のツアーブッキングマネジャーをはじめ、自身も鹿児島の大御所達とLIVE!
2007年★Neil(Tp)氏と共演
2008年★井島正雄(B)トリオと共演!
★山内薫(B)末原康志(G)氏と共演!
2009年★荒武裕一郎トリオと共演!
★川越健二氏(Ds)と共演!
2010年★田口悌治(G)氏と共演!
以降も鹿児島を拠点に、九州や東京で活動。
様々なミュージシャンと演奏させていただいています。

某企業のPRビデオ出演・エンディング曲提供

主な活動場所 Jazz Club“LILETH”(リレット)
 “明日の地図”etc,,,

♪旅行中L.A.のホテルでひょんなことから歌わせてくれたあのpianisitに再び会うことができたらというのも夢のひとつ^^


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


どんぐりも栗の仲間です。
kuri
普通のことのようですが、むき栗しか知らなくて、トゲトゲに包まれてる栗を

きっとピンとこない子もいるんだろうなあ。私も栗料理は敬遠してましたもん。

宮之城にこんなところがありましたよ。
15
雨がしとしと降っていて
13
静寂の美しさがありました。
12
私は祖母と暮らしていた時期があり、釜で炊いたご飯はおいしかった記憶。

それよりもっともっと昔、日本はこのような家だったのですねー。
14
スーパーで魚の「切り身」をみて「魚」とはパックに並んでるこれと認識した子がいたと聞きました。

子供手当てがどうだこうだと世論をわかせていますが、

自分の理屈を通すことや力関係の行使を見せ付けるのではなく、

普通のことを普通だと教えられる大人になっているだろうかと感じることがあります。

学歴や職業は関係なくつきあった時に「人」としてどうなのか。目の曇らない大人になってねーと

子供達と触れ合うと思います。ま、子供のほうがけっこう賢かったりしますけどねー。

ドリームキャッチャーと木の実で創作工作をしてきました。
16
イベントのお誘いで行ってきたのですが、すっかり自分が夢中になってしまいました f(^^;

木の実工作は子供の創造力に目をみはり、

ドリームキャッチャーはお父さんの腕の見せ所 なご家族を見てるのが楽しかった☆

木の実の名前、雨の音、鳥の習性、おいしい水、仲良い家族

自然を幸せと感じるひととき。

うれしかったので、図工不得意の私ですが作品を載せましょう。えいっ☆
sakuhinn.jpg
どやさっ!(笑

雷が鳴っていたので、雷太鼓とでも名づけましょう。スティックを持ってるのがポイント♪見えないナ

音楽も自然体験も、塾の勉強と劣らずに 大切なものを育むもの だと信じています。
スポンサーサイト

コメント

いいものですね

静寂の美しさ、いい言葉ですね。
そういった美しさへの反応する感覚、大事ですよね。
何も手が加えられてない美しさ、あるがままの美しさ、はかなき美しさ
もっと色んなものを見て感覚を磨きたいですね。

今、街の風景で見て美しさが際立つのは銀杏の木です。舞い落ちた葉が敷かれた黄金色の絨毯が綺麗ですね。まるで出番の終わった秋の精の帰り道のようですね。

しかしYULYさんの作品、ずいぶん力がみなぎってますね!やっぱり表現者らしいですね。

何か、美術館、黎明館に行きたくなってきました。また行かんとなぁ~。

秋の精の帰り道♪

そのような言葉は、普段からいろいろな感覚を捉えている方でないとでてこないと思いました。やっぱりマルパソさん、詩人のようですー^^/

銀杏並木、日本の四季のよさを感じる素敵な色ですよねー。
電線や雑多な色でごっちゃになっている日本の空や地面が
パアッと一面に色が広がっていて、心をロマンティックにさせてくれますよねー。いいですよねー。もっとキレイな日本にならないかなー。
大正時代のほうがおしゃれだった気がして、
おしゃれや文化を奪った戦争がにくいなあなあんて軽々しく思ったり。

師走は大人も心ウキウキさせられる街の彩りシーズンなので、
映画や音楽のように楽しみたいと思いまーす♪

静寂

よく考えるとミュージシャンのYULYさんが「静寂の美しさ」との感覚を持っていらっしゃる事に意外でした。
単なる素人の発想ですいませんがm(_ _)m

自然の中の静寂はホント、気持ちが休まりますよね。
私は霧島アートの森の近辺の散策が好きなのですが千段階段から見下ろして自然の音楽に包まれると時の過ぎ行く心地好さを堪能してしまいますねo(^-^)o

もしドライブする機会があれば運転疲れの休憩タイムにオススメですよ。けど今はスンゲェ寒いので春先にですね。
ではまた♪~θ(^0^ )

千段階段って・・・もしかして

下に馬の牧場があるところですか??違うかな。

以前ボーカリストとアートの森を目指して向かったらたどりつかず、
ここがアートの森だと勘違いして馬をみながらオーガニック料理をいただいたことがありました。霧島すきですー♪


静寂にも音があるような気がします。
音と音の間の「音のない空間」、それも音の見せ方だと思います。

以前、美術館の好きな外国の演奏家と話をしていた時に
「絵というのはね、背景が何も書いていないとしても、その何も書いていないところも書いているんだよ。それが難しいんだよ」

そんなニュアンスのことを言っていました。
空間の伝え方も芸術なんだなーと知りました。

自信が少なかったからたくさん音を弾いてしまったと言ってた演奏家もいて、なかなかどうして
面白い世界だなと思います。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

正解です(^_^)v

その通りですよ。
とても落ち着いて好きな場所です。
山あいの中で響く馬の鳴き声が心地好く響きます。牛の時もあります。

私は実家はあの辺の隣町で先日のライブでの杉本さん流にいいますとサイドリバーですね。
静寂の音は分かりませんけど大地の静寂の中に身を置くと頑なになっている心が弛む感覚が気持ち良いですよね。
ひょっとしたら大地の鼓動が身体に響いているのかもしれませんね。

ところでマルヤで上映してます『シルビアのいる街で』。オススメです。
今までに未体験の映像の世界です。なかなかいい刺激を楽しめる作品です。
また時間あればもう一度あの世界に浸かりたいです♪~θ(^0^ )

絵画観るとき、白地にも注目しときますね。
ではまた(*^o^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |