プロフィール

YULY

Author:YULY
シナトラを歌う沖縄んちゅーの父と薩摩おごじょの母をもつ

1993年 鹿児島から上京
1995年 東京から岡山へ移住
1998年 岡山 piano barにてJAZZにであう
2000年 音楽好きの集まる団体“HOT HEARTS PROJECT”(観客動員数約500名、2002年に倉敷市文化連盟所属団体となる。現代音楽では初!)の運営にたずさわる。多ジャンルのミュージシャンと交流を深める

2005年 帰郷 某音楽事務所とのご縁より音楽に傾倒

♪以後フリーでジャンルを問わず音楽活動を行う♪

2006年★Neil Stalnaker(ニール・ストルネイカー)氏のツアーブッキングマネジャーをはじめ、自身も鹿児島の大御所達とLIVE!
2007年★Neil(Tp)氏と共演
2008年★井島正雄(B)トリオと共演!
★山内薫(B)末原康志(G)氏と共演!
2009年★荒武裕一郎トリオと共演!
★川越健二氏(Ds)と共演!
2010年★田口悌治(G)氏と共演!
以降も鹿児島を拠点に、九州や東京で活動。
様々なミュージシャンと演奏させていただいています。

某企業のPRビデオ出演・エンディング曲提供

主な活動場所 Jazz Club“LILETH”(リレット)
 “明日の地図”etc,,,

♪旅行中L.A.のホテルでひょんなことから歌わせてくれたあのpianisitに再び会うことができたらというのも夢のひとつ^^


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


忘れそうなくらいもうずいぶん前のことなのですが

厳しさに耐える自分と頑張る自分が最初は楽しくて、それが加速して突き飛ばされるようなプッシュ感がありながら頑張ってた時期がありました。与えられた役割と求められた答えしか出したらいけない中で無感動になっていた頃、ある音楽に出逢って心を震わされました。涙がとめどなくあふれて、あぁ生きていけるやって思いました。

心がぎゅーっといっぱいいっぱいになっている時に、頑張れ、頑張るのが当たり前だろうの言葉じゃなくて、「コーヒー飲みなよ」と差し出したり、自分が代わるから、「ちょっと休んだら?」とか、「お皿を洗ってあげるね」だとか、どんな長時間の休息よりもあたたかい心の一休みが力と優しさを補充させてくれます。

そんな風になれるにはもちろんまだまだ勉強だけど、疲れた時に誰かがちょっとでも心が穏やかになってくれるといいなと思いながらCDをつくりました。

タイトルは【in Blue】

憂鬱な時も、大好きな青が 元気にも悲しく見える日にも、
変わらずに優しさをあげられるそんなCDにしたかったです。
in Blue CD
参加ミュージシャン
♪ウクレレぢぢぃこと日高聡(Uk)
♪Neil Stalnaker(Tp)
♪中園亜美(Sax)
♪尾堂公信(Per)

写真家
・加藤文雄 http://www2s.biglobe.ne.jp/~bdolphin/index.html
・谷村 大
・カメイタカシ
・蒲池弘吉

☆Stadio Cattley/Yoshihiko Iwanaga
☆FM Kagoshima ''ARTSのHigh Time Radio''

そしてそして みなさん。みなみなさまさま。
今日は感謝として書きました♪初秋の香りとともに。2012.10月

YULY<歌のスケジュール> 
10/17 (水) FMかごしま ARTSのHIGH TIME RADIO 21:30〜21:55
10/24 (水) FMかごしま ARTSのHIGH TIME RADIO 21:30〜21:55
10/26 (金) @cozy バケツユリBON+cozy band
11/10 (土) @川内OJIRO VOICE,FEVER
11/17 (土)  KKB ぷらナビ 10:15〜11:15
11/18 (日)  中央駅まつり アミュ広場
<ピアニカのスケジュールはぼっぼアップします^^>
スポンサーサイト

コメント

No title

YULYさん

まずは、
CD完成、おめでとうございます。

確かに、
頑張っても結果を優先して評価する世の中を生きていくには、
人の気持ちはそんなに強くない。
人は「頑張って」と言う言葉で頑張り続けるほど単純じゃない。
時には、ちょっとした気遣いの言葉や行為が気持ちを楽にしてくれるし、
それが生きていく力と優しさに繋ながっていくんだと感じています。

YULYさんの歌声に魅了されておきながら、なかなかライブ等を
見に行く機会を作れず残念に思っていましたが、YULYさんの色々な
想いと優しさの詰まったCDを通して、青い空を見て心から素敵だと
感じる心の元気と周囲の人にも優しくなれる気持ちの余裕を持てたら!
と思っています。

音楽を通してCDに込められた優しい気持ちが、一人でも多くの人に
伝わることを願っています。

1歩ずつ☆

  Yoshiさん ありがとうございます♪

出会い、そして活動を通して、あたたかい気持ちが増えてゆくことを願ってやみません。

少しずつ、1歩ずつ、誰かの胸に響く歌そして包み込める精神力も育んでいけたらなって思います♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |