プロフィール

YULY

Author:YULY
シナトラを歌う沖縄んちゅーの父と薩摩おごじょの母をもつ

1993年 鹿児島から上京
1995年 東京から岡山へ移住
1998年 岡山 piano barにてJAZZにであう
2000年 音楽好きの集まる団体“HOT HEARTS PROJECT”(観客動員数約500名、2002年に倉敷市文化連盟所属団体となる。現代音楽では初!)の運営にたずさわる。多ジャンルのミュージシャンと交流を深める

2005年 帰郷 某音楽事務所とのご縁より音楽に傾倒

♪以後フリーでジャンルを問わず音楽活動を行う♪

2006年★Neil Stalnaker(ニール・ストルネイカー)氏のツアーブッキングマネジャーをはじめ、自身も鹿児島の大御所達とLIVE!
2007年★Neil(Tp)氏と共演
2008年★井島正雄(B)トリオと共演!
★山内薫(B)末原康志(G)氏と共演!
2009年★荒武裕一郎トリオと共演!
★川越健二氏(Ds)と共演!
2010年★田口悌治(G)氏と共演!
以降も鹿児島を拠点に、九州や東京で活動。
様々なミュージシャンと演奏させていただいています。

某企業のPRビデオ出演・エンディング曲提供

主な活動場所 Jazz Club“LILETH”(リレット)
 “明日の地図”etc,,,

♪旅行中L.A.のホテルでひょんなことから歌わせてくれたあのpianisitに再び会うことができたらというのも夢のひとつ^^


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、桜島にある溶岩加工センターにて

イタリアのナポリの高校生25人とピザを作りました♪

手作り溶岩釜の図
1
イタリア歌曲の話や興味あることやら話したいと思っていたのですが

それどころではない!!

日本人と違って整列しておとなしく説明に従うわけでないので、
mina
釜の作り方やらピザの作り方に主張が入る入る・・・。

個性を尊重しつつ進み具合をアドバイス(・・・私も初めて参加だったのに(笑)

したりしながら、かなり楽しい時間をすごさせてもらいました♪

溶岩を割り、灰と粘土を混ぜたものでドーム型の骨組に接着していく。
5

服にとばないよう気にしながらも、みんな積極的に作っていってました。
IMGP2478_convert_20101020150458.jpg


大きい溶岩は使わないと言いはる、こだわりチーム。早くーという日本語に反応(笑
IMGP2479.jpg

ダイナミックチーム
7

おしゃれチーム
8

あと2チームは無難チームと命名。写真とってるこもいたなあ・・・
IMGP2483_convert_20101020150640.jpg

男の子はズボンを腰履きしていたので(どこも同じなのね)
だんだん下がってくるらしく「ズボン下がるー。あげてくれー」と数名が言う。

釜を熱するのにうちわを使って仰ぐの図
IMGP2493_convert_20101020150610.jpg

こだわりチームのリーダー君。ピザを焼き終えるとカルツォーネを作るの図。
左の子はおうちがレストランで毎週ピザを焼いているので、焼き担当の子。
3

こだわりチームをせかさず、みんなのんびり待ってるの図
6

へええと思ったことは

用意されていた冷たい麦茶を飲まず、ここの水道水は飲めるの?と訊かれ。→冷たいもの熱いものや、お茶はあまり飲まないそうです。常温珈琲が主流らしい

先生2人が焼く前のチーズをそのまま食べていて、このチーズは何?美味しいわ!ときいてきた。→イタリアはモッツアレラチーズでピザを焼くらしい(そんな高級な・・・)

トマトペーストの上にのせる具『玉ねぎ・ピーマン・ベーコン』をまったくのせず→普通はチーズにトマトにバジルなのかな。玉ねぎでおなか痛くなるからいらないーという子もいたし、何より、ピザの国ですから、自分の好きなようにしていました♪

個性を互いに受け入れ、いじめもなくバランスよくやっているんだなーと、うれしくなりました^^
&日本も見習いたいですね。


最近はいろんな国の問題があげられていますが、言葉は違えど心は同じですよね。
胸をはって日本のよさを伝えられる、そんな国にしたいですね。
スポンサーサイト
ほしい情報はやってくるもので、
めったに見ないTVから流れてきた
『藤城清治作品展 開催中』のNEWS


岡山のギャラリーからもらったポストカード
『本当の雨がやんだら音楽の雨を降らせよう』は
私の心をずぎゅーんとつらぬいたので絵と一緒にキッチン
(たいそうなキッチンではないが)に飾っていて
見る度なんともいえない一瞬を与えてくれている。


夕飯もそこそこに、自転車をコキュコキュと

20分しかなかったが、改めて『芸術』というものを
肌で感じたとてもとても素敵な時間だった。


影絵などでご存知な方も多いでしょが、
独特の世界と光と影(私はココロの影といいたい)を表現されている
なんともいえない存在感

今日ますますファンになってしまった。。。

しかもただ絵を飾ってるだけじゃないのだ。
行かないと味わえないのだー。なんと入場無料なのだー。


作品がリーズナブルなので、手をだしそうになるのをおさえて
(携帯の請求×2回がなければ買えたのに・・・という
後悔もふりはらい)、こまごまとしたものを買い込み

ブッダガヤの菩提樹の葉をくれた人へのポストカードも選び
まもなく行うイベントで生ける花をリサーチに行く。
企画しているイベントの1つのブースで生け花があるのだ。


ある方面の仕事の運命共同体ともいえる方が、
今回のイベントで最後となり、だからなのか、はたまたお疲れなのか
信頼関係なのか、まるっきり私任せのイベントになってしまった。


これは喜ばせたいなーと
ちょっとだけ気負いし、そして感謝し、


フリーで無謀にも手探りで全国ツアーを作ってきたことが
歌につながり、ここにつながり

縁の不思議さを感じています。


昨日もね、久しぶりに遠い友とメールをしたら
なんともいえない無条件の理解というかあったかさ

友との関係を作れる状況にあったこともありがたかったなあって

藤城清治さんの作品の中にある灯りのまわりのぼわわっていうような
そんなものを感じたわけです。

歌でも、私の声にしかだせない見えないぼわわってのがあれば
それを守るためのいろんな規制や努力はへでもないと思うわけです。

(・・・いや、たまにはかっこよく言ってみましたが
体のほっしてるものを自然に食べてるだけでした私の場合、^^:)


時間や性格や生き様というか、ミュージシャンや物作りの方の
そんな努力がもっと保障されたり認知されたりする世の中になればいいのになと思います。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。